%E3%81%86%E3%81%88%E3%82%80%E3%82%89 %E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF %E3%81%BB%E3%81%8F%E3%82%8D %E9%99%A4%E5%8E%BB

最適なメモリ搭載量は16gb以上. メインマシンはメモリーを16gb(4gb×4枚)積んでいるが、 AviUtlを大量に立ち上げたら、メモリー不足の警告が出てきた。 関連: 情報の損失を防ぐためにプログラムを終了してください AviUtlをインストールし終わったら、最初に初期設定を行う必要があります。行わないと、AviUtlをまともに使う事ができません。というわけで、この記事では最初に設定すべき項目を紹介します。追記:2019年11月09日AviUtlのバージョ AviUtlをインストールし終わったら、最初に初期設定を行う必要があります。行わないと、AviUtlをまともに使う事ができません。というわけで、この記事では最初に設定すべき項目を紹介します。追記:2019年11月09日AviUtlのバージョ 動画編集時のエンコードエラーは非常に厄介です。AviUtlのエンコード時に「メモリが足りません」と出てしまったら、早期解決を望むはずです。AviUtlで「メモリが足りません」が表示される原因を把握し、対処法を確認して、早期解決できるように備えておきましょう。 今回、対策やメモリの搭載すべき量を色々と調べました。 ほとんどの記事は「ブラウザやオフィスアプリを使うレベルならメモリは8gbで十分」「メモリ8gbあればメモリ不足を感じることは無いだろう」という様な言い方をしています。 ↑AviUtl_v1.10rc1 「キャッシュサイズ」とは... 映像用のキャッシュのサイズをMByte単位で設定します。 共有メモリで確保するので32bitアプリのメモリの制約を受けません。 設定できるキャッシュサイズは32~1048576です。 AviUtlのメモリ空間を最大2倍まで利用出来るように「Large Address Aware」を「オン」に変更します。 まず、AviUtlを右クリックし「管理者として実行」で起動します。 その後、「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」で、 「Large Address Awareを有効にする」にチェックを入れます。 その後、「OK」を押してAviUtlを終了すれば、次回起動時からAviUtlがメモリを最大4GB AviUtlがアップデートということでとりあえず更新してみましたが、体感できるほど性能が上がったとかそういうことではなさそうです。 ただしメモリ容量を気にせず使用できるという意味では、今後使用していったときに差が出てくることは考えられます。 Aviutlでエンコードを行う際は、メモリ(RAM)の値が最低でも4GB、できれば8GB以上のPCが推奨されます。 しかし、じゃあ8GB、16GBのメモリを積んだPCでエンコードすれば良いのかと言われるとそうではなく、大量のメモリを積んだPCでもメモリエラーは発生することがあります。 メモリ不足によるエラーは、AviUtlで動画編集をしていたら一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。編集中だったり、エンコード中だったり隙あらばエラーを狙ってきます。 そんなメモリ不足によるエラー回避のためのプラグインがInputPipePluginです。