%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BAwest yssb %E6%84%8F%E5%91%B3


介護職の夜勤は月に3~5回程度ですが、職員がいないと極端に多くなってしまう事も。夜勤回数そのものを制限する事も難しいです。夜勤回数に注目し、注意したい職場や対処法を語ります。

介護職の夜勤専従勤務は、労働基準法上の回数制限はないものの、適正の範囲内つまり週40時間以内とすると月に10日前後の勤務となる場合が多いです。 しかし、勤務する介護施設によっては「 夜勤協定 」が締結されている場合もあります。 重大な労働基準法違反からブラック企業として批判を浴び、介護事業の撤退も余儀なくされたワタミの過労死自殺訴訟が、2015年12月8日に和解成立となりました。 労働基準法では労働時間が6時間で45分以上、8時間では1時間以上の休憩時間を設ける ことが決められています。 多くの介護施設では、休憩時間に仮眠時間を含み設定されているようで、 2交替制では平均2時間ほど、3交替制では平均1時間半弱 となっています。 介護職員が夜勤をする場合、その労働時間はどんなものになるのでしょうか?こちらでは法律によって決められている労働時間についても確認できます。夜勤をする場合は厳しく制限されているので、職場選びのポイントにもなります。
特養で介護福祉士として働いています。今月からスタッフの退職が相次ぎ、夜勤の回数が8回以上になりそうです。介護職員の夜勤の回数は、介護保険制度で決められていて、回数を超えてしまった時は減算のペナルティー



一カ月あたりの夜勤の回数はどのくらいまで入れる? 実は夜勤の回数の上限というのは労働基準法上で定められているわけではありません。 法定労働時間の中に当てはまっていれば、特に夜勤回数の制限はされていないのです。 夜勤の勤怠管理で悩んでいることはありませんか? 夜勤で深夜0時をまたいだ場合は2日勤務?労働時間、残業時間、休憩時間、残業手当は、法律上どう考えればいいの?など、夜勤の勤怠管理に関する考え方と、夜勤の勤怠管理に役立つシステムについて紹介します。