%E3%83%88%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%82%89%E3%82%B9 %E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%B3 %E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC

根の個性的な姿が特徴的で、育てやすい観葉植物として初心者にも人気のガジュマル。非常に強い生命力をもち、生育期にはどんどんと枝葉を伸ばします。そのため、鉢植えとして楽しむには剪定が欠かせません。愛らしい樹形を保つためには、どのような剪定作業を行えばよいのでしょうか。

今回は、幹が痩せたフィカス属の観葉植物「ガジュマル」を植え替えた様子をご紹介します。 UCHIのガジュマルは3階の暑い場所に置いていて、9月初めぐらいまで元気そうだったのですが、先週ぐらいから特長の幹に異変を感じました。 ガジュマルの気根は切ってもいいの?切る時の注意点とは.

幹を切る時には木工用カッターを使うと切りやすいでしょう。 ガジュマルを切ると、白い樹液が出てきます。 ガジュマルの樹液は肌の弱い人だとかぶれてしまうことがあるので、園芸用の手袋を使って作業すると良いです。 気根は、ガジュマルの大きな特徴の 1 つです。 気根とは、幹や茎から出て空気中に現れている根っこのことです。