%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9 %E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84 %E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9 %E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87


Lightningは、公式テーマで、100%GPL 私がこのLightningを長く愛用している理由は、上で挙げたデザインや使いやすさはもちろんなのですが、このテーマが公式テーマであり100%GPLライセンスだから、というトコロが大きいです。
テーマLightningを使って実際のWebサイトを作っています。いくつか変更したいことがあるので、子テーマを作りました。作りました、といってもLightningは子テーマが用意されているのでとても簡単です。 手始めとしてスライダーのスピードを変更してみましたのでそれについて書きます。


WordPressのLightningテーマのコピーライトを削除する方法をお探しの方向け。Lightningテーマはデザインも良く、Web集客に必要な機能も組み込まれており、無料とは思えないほど高機能なテーマですが、Lightningテーマ 2.Lightningの子テーマとはどのようなものか? 自分でテーマのデザイン等を修正・カスタイマイズした後にテーマのアップデートを行うとアップデートのプログラムが上書きされ、自分の修正が消えてしまう危険性があります。 ヘッダー部分をカスタマイズしたい以前の記事でも紹介した、WordPressの公式テーマ「Lightning」のカスタマイズ紹介記事第2弾になります。なお、カスタマイズする時には、自己責任のもと、データのバックアップや検証環境を必ず用意してから行うようにしてください。 個人的にも使用頻度の多い、WordPressの公式テーマ「Lightning」。Bootstrapベース+「VK All in One Expansion Unit」でカスタマイズしやすく、企業や店舗のコーポレートサイト制作に非常に相性の良いテーマです。