%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88 %E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC %E5%BE%8C%E6%96%B9

今や大学生の2人に1人は奨学金利用者です。その背景には、格差や貧困の拡大で親の経済的援助を受けられない学生の急増と、学費の高騰があります。国立大学の年間授業料は、1971年が1万2000円だったのに対し、昨年度は約54万円、初年度納付金は80万円を超えます。 奨学金500万返済の借金地獄から大逆転、抜け出す方法はない! そして私は低収入が続き、とうとうまた払えなくなりました。 奨学金機構に連絡をして事情を話したところ、分割額の減額で許して貰えまし … 返済地獄 になってしまいます。 たとえば上の例2で他州の州立大学を選んだ場合は年間500万円、 4年で2000万円近くです。 この金額を新卒業生が返すのは至難の業ですよね。 ”アメリカ大学奨学金事情、知らなければ地獄。日本の大学は? Amazonで佳治, 岩重の「奨学金」地獄 (小学館新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。佳治, 岩重作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「奨学金」地獄 (小学館新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 奨学金制度は、多くの学生が利用している制度ですが、奨学金=借金であるという認識が薄いために、返済不可能な状態になり、自己破産を迫られるケースも出てきています。今回は、奨学金破産の実態や原因などについて詳しくご紹介します。 『「奨学金」地獄』を参考に、奨学金返済中の私が体験談を交えて、奨学金を借りてまで進学する必要があるかを、様々なデータを交えて考えます。また、どうして「地獄」と言われる状態なのかを徒然と書いた記事です。『「奨学金」地獄』から、相談窓口リストを引用して掲載しています。