%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B6 %E3%82%89%E3%82%B9 %E3%81%8A%E3%82%80%E3%81%A4%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0

Excelの便利な印刷テクニック第3回は、表などの項目行を繰り返し印刷する方法についてご紹介したいと思います。 縦に長い表を作成した時、印刷をすると表が複数のページにわたって印刷されますが、通常は2ページ目以降の表には項目行が印刷されません エクセルの表は、横の項目はあまり変更はないものですが、縦のデータ数、つまり行数は常に変わるものです。前回のように、固定の回数しか繰り返せないのでは困ります。データ数に応じて、最終行まで繰り返す方法が必要です。

エクセルで作業していると、『繰り返す』操作というのは頻繁に出てきます。これいちいち同じ操作をやっているとミスにも繋がるので、ここは『繰り返す』ショートカットキー一発で作業効率をアップしていきましょう! Excel(エクセル)VBAでの繰り返し ... 下図のような九九の表を作成してみます ... myCntが5以下の時は繰り返し実行する。 Sub rei_1() Dim myCnt As Long myCnt = 1 繰り返しのショートカットキーは、基本的には 最後に入力された行の次の行だけ しか使えません。.

表の場合は更に繰り返しのショートカットキーが使いやすい.