%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%AA %E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B1 %E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%84

YouTubeのチャンネル収益化の審査をしてもらう為には、チャンネル登録数1,000人以上、過去12ヶ月の総再生時間4,000時間以上をクリアしなければならない。 関連:YouTubeは再生回数より再生時間がカギ!視聴者維持率が重要 . それには色々と理由があると思うのですが、そのせいではっきり再生回数の仕組みがわかっていません。 YouTubeに投稿している一つの動画が300万再生に到達しました。「なんで300万再生もされたのか分析」とか「再生回数を増やすコツ」とかをまとめていきます。ちなみにYouTubeでみんなが興味ある広告収益に関してはある程度ありますが、もと

その私が申し上げると、 今回の総再生時間4,000時間&登録者1,000人ルールは、稼ぐ上で全く問題ないはずの話です。 何故かというと、 総再生時間4,000時間程度で稼げるアドセンス報酬は数千円〜数万円にしかならないから です。 YouTubeを運営しているGoogleはYouTubeのカウントのアルゴリズムを 秘密 にしています。. YouTube では、動画を再生しているのがコンピュータ プログラムではなく本当の人間であることを確認しています。システムによって正当な視聴回数であると判断されるまでには時間がかかります。
これは 再生回数 です。 例えば、あなたのリストに動画を告知したり、 アクセス数が多いサイトに動画を埋め込んだりすれば、 必然的に再生回数はアップします。 >総再生時間には影響がないはずです。 はずです、と「影響はない」と言明していません(減ることもあるの意味)。 再生数の見直しは常時にやっているとは聞きますが、「昨日から」というタイミングを思うと、こちらの可能性もあり得ますね。 ビデオを視聴してもらう. ただ、年間総再生時間40000時間という数字から平均的な視聴時間や再生時間を考慮して計算をしてみると、この条件に引っかかってしまうのは年間の収入が1万円未満の弱小YouTuberたちです。 6. 時間を置いたらカウントされるのか.