%E5%91%A8%E8%A1%93%E6%9C%9F %E4%BD%8E%E8%A1%80%E5%9C%A7 %E5%8E%9F%E5%9B%A0


パワーポイントのスライドショー実行中に別のスライドに飛ぶとき、また飛んだ先から戻るときには、「ハイパーリンク」を活用するとスムーズです。リンク元の図形や文字をクリックするだけで、別のプレゼンテーションファイルに切り替わります。 リンクの表示テキストを変更する場合は、これを右クリックし、[リンクの編集] を選択します。 色を変更するハイパーリンクを選択します。 リボンの [ホーム] タブで、[フォントの色] ボタンの横にある矢印を選択し、色のメニューを開きます。 パワーポイントでボタンを作成する方法を紹介します。図形にハイパーリンクを設定する方法や動作設定ボタンで設定する方法があります。ボタンと分かりやすいデザインに変更しましょう。 スライドショーが始まったら最後まで中断せずに進めたいものです。スライドショーの途中でPowerPoint以外のソフトを見せるときは、ハイパーリンクでシームレスに切り替えるとスマートです。 PowerPoint(パワーポイント)で資料を作成する際、参考にした他のファイルやWebサイトの参照元としてリンクを記載したいことがあります。そのとき、ただの文字だけで掲載せず、参照先に移動して説明したい!そんな時、文字にリンクを埋め込んで 動作設定ボタンを使用して、プレゼンテーションで 操作 を実行します。 たとえば、次のスライドや特定のスライドに移動したり、アプリを実行したり、ビデオクリップを再生したりすることができます。 スライドの枚数が多いときは、節目節目に目次に戻って説明すると、全体の構成がわかりやすくなります。ハイパーリンクと動作設定ボタンを組み合わせて、自由にスライドを行き来できるようにしま … あるスライドから同じプレゼンテーションの別のスライドにリンクするためのハイパーリンクを追加します。 別のスライドにハイパーリンクを追加します。 標準表示モードで、ハイパーリンクとして使うテキスト、図形、または画像を選びます。