%E5%A4%A7%E8%85%B8%E5%86%85%E8%A6%96%E9%8F%A1%E6%A4%9C%E6%9F%BB 2%E6%97%A5%E5%89%8D %E9%A3%9F%E4%BA%8B %E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94

私は大学生で、現在論文というかレポートのようなものを作成中なのですが、その中で広辞苑で語句の意味を調べて引用した箇所があります。その場合、参考文献に「広辞苑」と書くべきなのでしょうか?それとも、辞典類は参考文献に入れなく レポートの引用文献について. 参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは不可能だと思います。 参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、 参考文献の文章をそのままでなく、アレンジしてまとめるのはokなんでしょうか? 参考文献にしているAにBという記述がCという本にあったのを発見します。(参考文献の参考文献)そのBの記述も含め、Cの本を読んで引用したくなった場合に、情報源としてはAなので孫引かないといけないのでしょうか?(卒論は思想です) 参考文献を利用するのは、ルールを守れば評価が上がることがあります。例えば、レポートを提出する際に、自分の文章だけでは要点が伝わらない場合に資料や情報を添えることで分かりやすくなります。 レポートを作成するにあたって、引用をする場合どうしても丸写し状態になってしまうのですがこれではマズいですよね? 少し言い方や書き方を変えてはいるのですが、やはり内容がそのまま写したような文になってしま… 参照:参考文献の書き方 ただ、大学の教養課程で出されるレポートの課題などでは、あまり細かなルールがない場合もあります。 それでも、最低限、出典元は明記し、ネットからのコピペや無断での書き写しはしないようにしましょう。 参考文献では誰が見てもその文献を特定できるようにする必要があるので、自分の文章と参考文献を明確に分けます。 あと、参考文献として使ったものは基本的に全て挙げなければいけません。後で盗用にならないように、しっかりと明記しましょう。 この場合、正式な出典元をレポートの末尾につける参考文献表に必ず掲載します。 レポートの本文を読んだ人は、参考文献表を見ることでどの文献からの引用なのかがわかるわけです。 また、2番目の例のように注に書き記す方法もあります。 引用・参考文献の書き方を学ぶことは、大学生として必須事項です。 なぜなら、レポートや発表の時に、参考文献が書かれていないと減点されるからです。また、卒論の場合、参考文献の書き方が正確でなければ、提出ができない場合があります。 (参考文献リスト) 参考文献 (1)木下是雄『レポートの組み立て方』(1994)筑摩書房,p.242 文中の引用部分は「」でくくり、一字一句間違えないように注意します。 fラン学生です。インターネットで参考にしたことをレポートの最後に参考文献のように書きたいです。書き方が分かりません。教えてください。 引用: 知恵袋にこのような質問がありました。 レポートへの参考文献の書き方は意外と良く分からない人も多いと思います。 学校の課題でレポートを作成する機会もあることでしょう。レポートを作成するためにさまざまな文献を参考にしますが、引用文献は正しく記載する必要があります。 図書 1. 参考文献を書くひとつの参考にしてください。(レポートの出題者や担当教員の指示がある場合は、 それに従ってください。)同じレポートの中では、一つの記載形式(スタイル)で統一しましょう。 *存在しないあるいは不明の項目は記載不要 1. ネットの参考文献の情報は自分の知識にしたり、わからないことを知ったりするために便利です。しかし、ネットの参考文献を自分が書くレポートや論文に引用する場合は注意が必要です。ネットの参考文献の情報を引用するために知っておきたい注意点をご説明します。