%E5%B5%90 %E3%81%AB%E3%81%97 %E3%82%84 %E3%81%8C %E3%82%8C %E5%8D%83%E9%B3%A5 %E5%8B%95%E7%94%BB

確定申告書を提出した後で、間違いを記入したことに気が付いたらどうしたらいいでしょうか?例えば、医療費控除やふるさと納税の申告漏れに気づいた、計算の間違いや記入ミスに気づいた等です。申告の期限前なら、「訂正申告」をすれば大丈夫です。 個人事業主は職種によって支払調書をもらう場合もあります。 その数字をそのまま申告していればいいわけではありません。 税務調査で指摘される支払調書に関する間違いをまとめてみました。 大切なのは、支払調書も間違えていることがある・支払調書がないものも申告が必要です。 申告書は作成しただけで、まだ提出はされていないのでしょうか? もう一度申告書をよく確認して、それでも自信が無いようでしたら自治体などが主催する確定申告の無料相談等に行かれると良いと思いま … 申告書の提出後. 提出した確定申告書に間違いがあると、税務署から修正するよう連絡が入ります。ただし、それは納付した税金が少なかった場合のみ。多く税金を納めた場合は教えてくれません。損をすることのないよう、確定申告で間違いやすい事例について解説します。 確定申告書を提出した後で、間違いを記入したことに気が付いたらどうしたらいいでしょうか?例えば、医療費控除やふるさと納税の申告漏れに気づいた、計算の間違いや記入ミスに気づいた等です。申告の期限前なら、「訂正申告」をすれば大丈夫です。 したがって、申告期限を過ぎて提出し忘れていたことに気づいた場合には、早急に確定申告しましょう。 ただし、税務署の指摘がある前に、自主的に確定申告した場合には、無申告加算税が5%に軽減されます。 3)確定申告を間違えたときは? q 提出した確定申告書の間違いを法定申告期限の前に発見した場合 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用くださ … 今年も確定申告が終わり、経理のお仕事は一段落です。ぼちぼちと年度更新し、新年度の記帳をはじめたら…金額が合わない!?預金出納帳の繰越金額と通帳の金額が合ってないのです。慌てて確認すると、確定申告を済ませた前年度分で記帳漏れがありました。 確定申告する際には、様々な書類を用意します。 忙しい中、締め切りの3月15日に合わせて書類を作り、税務署に持って行くので、慌ててしまうこともありますよね。 しかし、そうなると書類の記載を間違えることが多くなります。

今年も3月に面倒な確定申告を終え、ほっと一息。ところが、仕事が忙しくてバタバタと手続きしたこともあって、今になって申告額に間違いのあることに気がついた! そんな場合には、すぐに変更の手続きをとりましょう。申告額が少なかったら、放置するのは危険。 平成29年度分の確定申告期間が終了しました。 申告者側は確定申告が終わってやっと一安心ですが、 税務署はここからがいよいよ本格的に忙しくなります。 申告のあった1件1件を計算したり内容を精査したり、 無申告者の調査をしたり、税務署的にはむしろここからが本番です。 所得税の確定申告書を税務署に提出し、受付が終了したら、基本的には手続きは終了となります。ただし、万が一間違いがあったり、添付しなければならない資料が足りなかった場合には税務署から電話かはがきで連絡がきます。

確定申告を間違えたら修正・訂正することは可能。ミスに気づくのが申告期限前なら訂正申告、申告期限後なら修正申告もしくは更正の請求と手続き方法が違います。修正申告では加算税や延滞税などペナルティが発生することもあり、注意が必要です。 修正申告は税務署から指摘を受けるまでならいつ でも ... ミスのないように注意深く申告書を作成することがもっとも重要ですが、確定申告の間違いに気づいたときは、なるべく早めに対応しましょう。 ツイート; 無料電話相談.

確定申告の直後だからこそ税務署からの電話連絡で気を付けなければならないことを注意喚起しておきます。税務署では(個人の)確定申告が終わると、いわゆる「事後処理」という期間に入ります。提出された申告書の内容を精査しながら、KSKのエラーを中心に「誤りがあるかも? 今はまだ、確定申告期間なんで、間違いを指摘されるのは、数か月後です。 税務署は、お金の計算しか調べませんから、日時の間違い程度で、知らせてくることはありません。 まあ、いつでも、修正申告ができますので、気になるのなら税務署へ行きましょう 会社員などの給与所得者の方は、確定申告をする機会がほとんどないと思います。そのため、確定申告をするとなったらほとんどの方が税務署に行き、1時間以上並んで、少人数でやりくりしている職員さんを呼びながら、少しずつ申告書を作成していきます。 さて、今日は久しぶりに確定申告のお話です。 平成26年分の確定申告については、 すでに振替納税の期日も過ぎ、 還付申告された方も、「還付されて一安心」という時期ですね。 ただ、「税務署から間違いを指摘されるのはいつか? 確定申告が3月15日に終了して時間が経つと税務署から電話問い合わせが多くなる時期になります。税務署でいう下期の業務を6月中旬までに終わらせたいということもあり問い合わせが増える時期です。 確定申告の『訂正申告』 確定申告の間違いに気付いたのが確定申告の期限前(例年3月15日が締切日です)だった場合、訂正申告をすれば罰則なしで何度でも訂正することが可能です。 国税庁のhpではこのように謳われています。 消費税の確定申告は個人の場合には3月31日、法人は決算日から2か月以内になります。この消費税の確定申告によくある間違いを事前に確認しておきましょう。