%E5%BE%8C%E8%BC%A9%E6%8C%87%E5%B0%8E %E6%9C%AC %E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81


Officeドキュメントを開くと 「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません」 とエラーが表示されることがある。メモリもディスク容量も十分にあるのに。。。そんな時に試せる対処方法を紹介します。 Windows システムの「デスクトップアプリケーションのヒープ」が不足しているためです。これはWindows システムがあらゆる(ユーザーモードの)プログラムのオブジェクトを描画する際に使用するために割り当てた特別なメモリー空間で、その容量はシステムの設定により固定されています。 「デスクトップヒープ」が不足している可能性がありますので、以下の方法を使えば対処できるかもしれません。 それでも改善しないなら、根本的にメインメモリが不足している可能性がありますので、32ビット版なら4GB、64ビット版なら8GBは確保しておいたほうがいいですね。 ヒープ領域はソフトウェアが自由に利用できるメモリ領域です。スタック領域との違いをよく知り、適切なメモリ領域を活用することが大切です。この記事では、ヒープ領域の概要からスタック領域との違い、管理方法、活用時の注意点まで解説します。