%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD %E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%8D %E5%90%88%E6%A0%BC%E7%8E%87

1641年(寛永18)のこの日、平戸にあったオランダ商館は出島に移されました。 これは江戸時代の出来事です。少し詳しく覗いてみましょう。 これは2分程度で読める記事です。 広告 1.解説 出島…日本史のなかで、とても重要な地名の一つですが、読み方…どんな風に読んでいらっしゃいますか? オランダ商館員の住居や貿易品を保管する蔵、日本人役人の詰所など復元された16の建物がずらりと並んでいます。 日本伝統の建物に窓枠などのグリーン使いが、オランダ人が暮らした出島ならでは オランダ商館は長崎奉行の管轄下に置かれ、長崎町年寄の下の乙名がオランダ人と直接交渉した。出島乙名は島内に居住し、オランダ人の監視、輸出品の荷揚げ、積出し、代金決済、出島の出入り、オランダ人の日用品購買の監督を行った。 天秤は、当時の出島で銅、砂糖の計量に使われたもので、オランダの財団法人デルフト大学計量博物館から出島復元のために寄贈されたオランダの伝統的な天秤です。 ヘトル部屋. 復元された出島のオランダ商館内部 川原慶賀「唐蘭館図 蘭船入港図」 慶長 5年3月16日( グレゴリオ暦 1600年 4月19日)、オランダの商船 リーフデ号(デ・リーフデ号) [6] が、 豊後国 臼杵( 大分県 臼杵市 )に漂着した。 平戸オランダ商館オフィシャルサイト、国指定史跡の平戸オランダ商館の復元のあゆみ、長崎出島 東インド会社 歴史紹介、1639年築造倉庫のオランダ商館ご利用案内、イベント情報を掲載しています。 出島ではポルトガル貿易やオランダ貿易が行われていました。 明治維新後に手が加えられ、島としての姿を失ってしまいました。ですが復元作業が進められ、現在では復元された出島全体が「出島和蘭商館跡」として国の史跡に指定されています。 「ヘトル」オランダ商館長次席が暮らしていた建物。