%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C %E9%AB%98%E6%A0%A1 %E5%81%8F%E5%B7%AE%E5%80%A4


iOS 12より利用可能になった「ショートカット」アプリですが、その前身となる「Workflow」には搭載されていた「IFTTT」との連携が去勢されてしまったので、手動で連携させる方 … iOS 12で追加された機能、ショートカットを使って、食事の写真を撮ってEvernoteに記録するショートカットを作りました。 いつ何を食べたのかを記録しておいて、あとで検索することができます。 iOS 12のショートカットをIFTTTと連携させる方法。HomeKit非対応デバイスも「Hey Siri」で操作可能に! 2018.9.20ガイド.
【iPhoneショートカットレシピ】一瞬でiPhoneを最適な環境にする最速ショートカット! 2019/10/13.

iOS 11以降、コントロールセンターからオフにできなくなったWiFiですが、iOS 12で追加された「ショートカット」アプリでオフにするウィジェットを作成する事ができます。 従来iPhoneやiPadのコント … iOS 13から標準アプリとなった「ショートカット」。本記事では、概要から使い方、ショートカットの作成やカスタマイズ方法、iOS13.1から搭載されたオートメーションの作成方法まで、実際に使えるショートカットを例に解説する。

ショートカットはiPhoneの操作を自動化してくれる便利なアプリ。Wi-FiとBluetoothを完全にオフにするショートカットなど、ここではその作成方法とおすすめレシピを5つご紹介します。
このショートカットをタップすると今まで一時オフの場合は白くなっていたwi-fiアイコンが、斜め線が入った完全にoffという表示になりました!

Wi-FiやBluetooth以外のネットワーク設定にも対応. iPhoneショートカットレシピでよりよい生活を目指す、ショートカットシリーズ。 1番触れる機会の多い端末だからこそ、そこの短縮化、自動化が生活を少しずつ変えてくれる。 「Wi-Fiを設定」とあるので、それをタップ。 今回はWi-Fiを「オフ」にするので、チェックは外しておきます(左側に)。 そうしたら最後に、ショートカットの名前とアイコンを設定しておきましょう。ここでは「Wi-Fiをオフ」とします。 ショートカットウィジェットに「Wi-Fiオン」「Wi-Fiオフ」「Bluetoothオン」「Bluetoothオフ」など、類似したボタンが並んでいる方も多いかと思いますが、これらのボタンを全て1つのショートカットにまとめることができます。