%E8%86%9D%E3%81%8C%E7%97%9B%E3%81%84 %E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F %E5%A5%B3%E5%AD%90

AirDropはワイヤレスでデータを転送することが出来るもので、Mac OS X LionとiOS7の時に導入されたものである。 この機能はiPhone, iPad, iPod touchまたはMacなどのデバイスでBluetooth 4.0とWi-Fiの両方を有効にしておくことで動作し、ワイヤレスで連絡先や写真の他ほとんどのデータを転送することが … まずは送受信者の両方の端末は「Wi-Fi」と「Bluetooth」がオンになっているか確認しましょう。オンの状態であれば、次に受信相手の設定もみてみましょう。 AirDrop(エアドロップ)が繋がらない時のの対処方法 1:AirDropの設定を確認. 写真や映像、連絡先、位置情報などのデータをApple製デバイス間でワイヤレス送信できる「AirDrop(エアードロップ)」。GB単位のコンテンツもサクサク送れる最強の共有機能の利便性や利用方法について見ていこう。 AirDropでできることAirDropとは、近くにいるApple製デバイス同士で … iPhoneの共有画面で、AirDropのよこにでてくるメッセージボタンを削除する方法を、3ステップで解説します。 メッセージアプリの履歴を削除する必要があるので、消したくない思い出や写真があるばあいはバックアップをとってからにしてください。 表示されたとしても、データを受信するかどうか確認の画面が現れますから、一方的に怪しいデータを送りつけられることはありません。 セキュ AirDropをオンにすると、自動的にWi-FiとBluetoothもオンになるが、AirDropをオフにしてもWi-FiとBluetoothはオンのまま。 「全員」で設定すると、知らない人からデータが送られてくる可能性がある。 AirDrop痴漢に気をつけて! どんなデータも送受信することができて便利なので、随時ON コンテンツを受け取る側の AirDrop の受信設定が「連絡先のみ」になっているか確認してください。「連絡先のみ」に設定されている場合、送る側の連絡先カードにメールアドレスまたは携帯電話番号が登録されていないと、AirDrop が機能しません。