%E8%87%AA %E9%96%89 %E7%97%87 %E7%99%82%E8%82%B2%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA

浄土真宗本願寺派(西本願寺)の公式Webサイトです。浄土真宗本願寺派は親鸞聖人を宗祖と仰ぎ、門主を中心として浄土真宗の教義をひろめ、自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献することを目的としています。 浄土真宗の法事 「 法事 」とは、仏教の行事ということです。 「 法要 」とも「 法会 」ともいいます。 現在は一般的に、亡くなられた方をご縁として行われる法要をいいます。 ところが浄土真宗は、因果の道理に立脚して一切の迷信を認めない合理的な教えを持ち、追善供養も行いません。

補足説明: 浄土真宗: 亡くなった日を1日目として49日目に法要を行う。 浄土真宗でも四十九日を行う。 (浄土真宗では死後すぐに極楽浄土に行くと考えられているため、四十九日は故人を偲び、納骨をしたり等、遺族の区切りとして行う) 浄土宗 浄土真宗における法事の特徴についてご紹介しています。浄土真宗は仏教のなかでも一風変わっており、宗派も多いので作法も多様です。この記事では年忌法要・法事の作法・準備の仕方など、主催する側、参列する側の両方に役立つ情報をまとめているので、ぜひご覧ください。 真宗大谷派(東本願寺)公式サイト. 同時に「子や孫にわたってみ教えを聞く喜ぶこと」を願って勤める法要という事になります。 中国唐時代初期の僧で、浄土真宗で言う七高僧の一人、道綽禅師は、 その著『安楽集』の中でこのような言葉を … 上記はあくまで真宗大谷派における基本的なことです。同じ真宗大谷派のお寺であってもそれぞれの行事や法要の時期も方法も異なる場合があります。 詳しくはご実家の菩提寺やお近くのお寺にお問合せ下さい。 『よくある質問』のコーナーもご覧ください。 このように浄土真宗は日取りの設定に際しては制約が少ないので、忙しい現代人には非常に助かる宗派といえますね。 (関連記事)浄土真宗の葬儀・法要は友引に行ってもよい?浄土真宗における葬儀の日取りの考え方に迫る. 浄土真宗の宗祖親鸞聖人の命日の法要期間は長いです。各本山では一週間の法要日程です。なぜ報恩講法要の日程が長いのかを説明します。蓮如のお手紙や浄土宗の法然上人の忌日法要から、日数が一週間・七昼夜となっている理由について紹介します。 11月の常例は、11月11日(日)13:30からで、浄土真宗で最も大切な法要、報恩講法要をお勤めします。 (お斎の用意はありませんが、お赤飯を準備します。お持ち帰りください。) お参りをお待ちしております。 十月の常例は、秋の永代経法要。 逮夜法要 晨朝法要 日中法要: 本堂: 05/28~29: 木~金: 13:00~14:00 07:00~08:00 10:00~11:00: 法統慶讚會 琢如上人三百五十回御遠忌 御遠忌逮夜法要 御遠忌晨朝法要 慶讚法要 兼 御遠忌日中法要: 本堂 浄土真宗の百箇日法要は「仏様とのご縁を頂く場」であるとも言えます。 百箇日法要の手配方法 菩提寺がある場合には、まず菩提寺に連絡を行い、百箇日法要をお願いしたい旨を伝えて日程、場所等の相談 …

「蓮如上人御影道中」 御影道中は、蓮如上人の没後、北陸での教化のご苦労とその徳を偲んで吉崎御坊(吉崎別院)で厳修される御忌法要に、上人の御影を本山よりお迎えして勤められたのが始まりであると伝えられています。

年忌法要とは故人の祥月命日に行う法要のうち、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌など決められた年度の法事法要をさす。年忌法要早見表と計算、法要はいつまで行うか、浄土真宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、真宗の年忌法要等を説明。 浄土真宗本願寺派(西本願寺) 光寿山 (こうじゅさん) 正宣寺 (しょうせんじ) 〒530-0015 大阪市北区中崎西1丁目6-23 TEL 06-6371-7867 FAX 06-6371-5877 年忌法要とは各節目の年の命日に行う法要をさす。一周忌、三回忌、七回忌等の法事法要の早見表と、お供えお供物、花、お礼お布施、引き出物、お返し、施主の挨拶の例、服装、香典(書き方や金額相場)、浄土真宗の卒塔婆等の作法やマナーを紹介。 日程.