1%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89 %E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92 %E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88

おたふく風邪の予防接種を受けようと思った時に、副作用などが気になりますよね。 「任意接種だからお金かかるのよね。」と思われる方もいらっしゃると思います。 さらに、子供のおたふく風邪の予防だけでなく、大人の予防のためのワクチンは必要でしょうか。 おたふくは副作用が酷いが上、定期接種から外されたワクチンで無菌性髄膜炎の他、脳炎や難聴も副作用に出す。おたふくは、症状の出ない不顕性感染が多い軽い病気だ。ワクチンはリスクの方が大きいから、受けない方が子供の為だよ。 おたふく風邪ワクチンの予防接種・時期・副作用 大人がなると重症化しやすい「おたふく風邪・流行性耳下腺炎」。 発症後は特効薬がなく、膵炎、精巣炎・精巣上体炎(睾丸炎)、卵巣炎、稀に髄膜炎や脳炎、難聴などの合併症リスクがあります。 第一三共の「おたふくかぜ生ワクチン「第一三共」」の製品情報。「おたふくかぜ生ワクチン「第一三共」」の禁忌、効能・効果、用法・用量、副作用、添付文書などの主な基本情報から、取り扱い注意事項やお知らせ情報まで、「Medical Library(メディカルライブラリー)」でご覧いただけます。 おたふく風邪は子どもがかかりやすい病気のひとつです。正式名称は流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)といいます。かかってしまうと有効な治療法はありません。しかし、予防接種を受けることで、高い確率で感染を防ぐことができます。