1 %E4%BA%BA %E3%81%A7 %E9%BB%99%E3%80%85 %E4%BB%95%E4%BA%8B %E5%B1%B1%E5%8F%A3 %E5%AE%87%E9%83%A8

飲酒頻度と量(1日当たりのおよその日本酒換算量) 喫煙習慣別にみた飲酒とがんの発症率-男(時々飲むを1としたときの危険倍率) ※p<0.05 注1)2016年の割合は全国補正値であり、単なる人数比とは異なる。 注2)2012年の割合は重み付けをしていない粗集計の値である。 注3)(2017年)生活習慣調査票の問6(飲酒の頻度)で「1」~「5」と回答し,問6-1(1日当たり飲酒量)にも回答している者を集計対象とした。 厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度であるとされています。また、以下のようなことに留意する必要があるとしています。 「健康日本21」における適度な飲酒. 飲酒に喫煙が加わるとがん発症のリスクが高くなります。 飲酒と喫煙が重なるとがん発症率が高くなる. 過度の飲酒はさまざまな生活習慣病の原因となります。その代表ともいえるのがアルコール性肝障害です。お酒からとったアルコールは肝臓で分解・代謝されます。 飲酒量の多い人が、健康診断の際に特に注意しておきたいのが、γ(ガンマ)-gtpの数値です。γ-gtpは、肝臓のなかにある酵素の一種で、この数値が高いと、肝臓に異常があることを示しています。