1950 %E5%B9%B4%E4%BB%A3 %E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC

領収書を紛失された場合. 経費を計上したり、医療費の控除を受けたりする際に欠かせない領収書ですが、万が一紛失してしまった場合はどのようにすればよいでしょうか。ここでは、領収書を紛失した場合のさまざまな対処法について解説します。 1月に交通事故に遭い 現在まで通院していました。 保険会社に文書を提出するように言われ 病院に「これまでの分を書いて頂きたいので よろしくお願いします」 と診断書と 診療明細書を渡しました。10日ほど待ち 「2万1000円になり 毎年11月くらいから病院の領収書を再発行して欲しいと問い合わせ増えてきますね。確定申告の医療費控除に使うためです。医療事務あるあるではないでしょうか。入院した患者さんや年間を通じて来院している患者さんには多いです。問い合わせのピークは12月

領収書の再発行はできませんが、領収証明書(有料 3,000円~5,000円:税抜)を作成いたします。 領収証明書をご希望の方は中央受付3番窓口にお越しください。 明細書の発行 この明細書により、自分の受けた治療の詳細を知ることができます。詳細な費用が開示されているので、医療費に関するコスト意識が高まるのはもちろん、薬の名称や量もわかるので、副作用が心配なときや、本当に必要な処置や投薬、検査だったのか気になるときなどに、この明細書をもとに 明細書は一部例外があるものの基本的に発行が義務付けられています。 昔は、明細書は努力義務と行って、 発行について厳しくはなかったんだけど、 いまは医療費の透明性を高めようって動きで、明細書の発行が義務化されました。 診療明細書の発行は義務化されているのでしょうか。あなたが病院を受診すると、窓口で受け取る書類が数枚あると思います。その中の一つ、診療明細書を発行するのは当たり前のことなのか、どこの医療機関でも渡さなければならないのか、その内容についてお伝えします。 平成29年分の確定申告から医療費控除を受ける際には、医療費の領収書に基づいて必要事項を記載した医療費控除の明細書を作成し、確定申告書に添付することとなり、領収書の添付が不要となりました。しかし、すべての領収書がいらなくなった訳ではないので、注意しましょう。 症状固定となり、後遺障害認定申請からの手続きを被害者請求にて行うことにしたのでそれに際して診療報酬明細書の原本が必要になると思うのですが、本日保険会社に問い合わせたところ「それはできません!治療費については私どもでたてか 調剤報酬明細書のみを開示した場合においては、開示後に当該調剤報酬明細書を発行した保険薬局へ開示したことをお知らせします。 4. 助成金や保険金の申請、確定申告の手続きに医療費の領収証が必要なことがあります。 なので、「去年の領収証が欲しい。領収証の再発行をください」と患者さんからよく言われます。 しかし、領収証の再発行はできません。代わりに領収証明書でお支払いを証明することはできます。