Web %E7%94%BB%E5%83%8F %E5%88%87%E3%82%8A%E5%8F%96%E3%82%8A


こんにちは! Yuki (@yukibnb) です。 Google Apps Script (GAS) でスプレッドシートのシートを取得する方法をまとめました。 スプレッドシートとシートの違い シートの取得方法まとめ 今開いているシートを取得する シート名を指定して取得する すべてのシートを取得する シートをインデック… まとめ. シート名もせっかくなので、変えておきましょう。 今回は『シートを取得する』という名前に変えています。 step2:[ツール]の中から[スクリプトエディタ]を選択 シートの挿入、シートの削除、シートの名前変更です、シートの挿入・削除は、Spreadsheetオブジェクトのメソッド、名前の変更は、Sheetオブジェクトのメソッドになります。以下では、これだけ覚えておけば良いというメソッドに限定して抜粋しています。 getSheetByName(name) シート名からシートを取得する。 サンプルコード [crayon-5eceea127892c680246362/] ※ アイコンをクリックするとコピー出来ます。 引数 名前 型 説明 name 文字列型 取得したいシートのシート名 戻り値 Sheet オブジェクト - 取得したシート アクティブなシートを取得するSpreadsheet . 下記の例では、変数ss_idにスプレッドシートのIDを代入しています。 そして、変数sh_nameにはIDを取得したスプレッドシートの、実行結果を反映させたいシート名 … スプレッドシートの作成と名前変更です、スプレッドシートの作成は、SpreadsheetAppのcreateメソッド、名前の変更は、Spreadsheetオブジェクトのrenameメソッドになります。削除は、と思ってメソッドを探しましたが、見当たりませんでした。 Google Apps Scriptの超入門ということで、GASプログラミングの流れと基礎についてシリーズでお伝えしています。今回は、初めてのスクリプトを作成し、保存し、実行する方法をお伝えします。 SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet.renameActiveSheet(“シート名”)で変更する。 変更したいシートをSpreadsheetApp.setActiveSheet(sheet)でアクティブにしておく必要がある。 >>スプレッドシートのドキュメントの名前を変更する 初心者向けのGoogle Apps Script入門シリーズとして、GASプログラミングの基礎をお伝えしています。今回は、スプレッドシートからシートを取得する2つの方法をお伝えします。 Google Apps Scriptの超入門ということで、GASプログラミングの流れと基礎についてシリーズでお伝えしています。今回は、初めてのスクリプトを作成し、保存し、実行する方法をお伝えします。
2012 年 3 月 23 日 金曜日
スクリプトを実行する際に、シートを指定してアクティブにする時に使う。 先に選択先、アクティブにするシート名をgetsheetByName(“”)の””の中と同様に変更しておく必要がある。 openByIdとgetSheetByNameの使いかた. GAS(GoogleAppsScript)で操作するシート名を取得する方法を紹介します。シート名の取得方法は「getSheetByName()」でシート名を取得できます。 サンプル用のスプレッドシートを用意して「getSheetByName()」で名前を指定するパターンのメリットデメリットも比較してます。 [GAS][スプレッドシート]シート名からシートオブジェクトを取得するには: 逆引きGoogle Apps Script. スプレッドシートでgasを使えるようにする step1:スプレッドシートを新規作成する. Google app script(GAS)を使って、スプレッドシートのシートをコピ―して、名前変更するソースコードは下記の通りです。 function ss_sheet_copy-name() { /***** 関数getSheetByName(name)で、シート名からシートオブジェクトを取得することができる。 1つのスプレッドシート(ブック)に同じ名前のシートが複数ある場合は、タブ順が左にあるシートが優先される。